あっ!白髪っ!今すぐ隠したい部分白髪におすすめ【綺和美(KIWABI)の筆ペンクイックカラー】

白髪隠し筆ペン「キワビ」01
30代後半からチラホラ生えてきた白髪たち。普段の白髪対策は美容院でのヘアカラーがメインですが、その後どうしても目立ってきてしまう部分的な白髪隠しに筆ペンタイプのクイックカラーを使っています。

一時的に白髪を目立たなくすることができる救世主的存在のクイックカラーは、マスカラやクシ、ファンデタイプetc…いろいろな商品がありますが、この筆ペンタイプは片手でササッと使えてカバー範囲も広く、自然な仕上がりが魅力です。

今回は、筆ペンタイプの白髪隠し「綺和美(KIWABI)」のROOT VANISH(ルートバニッシュ)を使ってみた感想をまとめました!

スポンサーリンク

海外で人気の白髪隠し?綺和美のクイックカラーとは?

ハリウッドセレブを顧客に持つ、という世界的に有名なカラーリスト「KAZUMI MORTON」さんがプロデュースしたのが、この綺和美(KIWAIBI)の白髪隠し(=白髪カラーブラシ)の一番のポイントです。

↓KAZUMI MORTONさん(KIWAIBIのインスタグラムより)

Kiwabiさん(@kiwabi)が投稿した写真


この商品、インスタを見ると、海外で幅広く展開している様子がよくわかります。

日本ブランドの信頼&技術にLAのスタイリッシュさがミックスして、他にはない感じの白髪ケア商品といった雰囲気です。(※商品は日本製です!)

もちろん、成分にも気を使っていて無添加・ノンシリコンに加え、22種類もの天然植物由来エキスが配合されていて、髪や地肌に優しくツヤ感が出るというのも嬉しいポイントです。

⇒綺和美の原料・成分の詳細はこちら(公式サイトへ)

綺和美はパッケージもおしゃれ!

白髪隠し筆ペン「キワビ」01

実際に私が使っている綺和美の白髪カラーブラシの写真です。

ブラシの大きさはよくある油性ペンより1回り強ほどの太さでしょうか。重さはそれほど感じません…

白髪隠し筆ペン「キワビ」02

全体的に高級感があります!ベロア生地のケースも付いているので、収納時にもいいし、旅行のときなどにも便利です。

気になる部分白髪に、こんな風に使っています

白髪隠し筆ペン「キワビ」04

ペンの後ろの部分をカチカチっと何度か押すと、トロっとした染料(柔らかめのジェル)が筆からにじみ出て来ます。

白髪隠し筆ペン「キワビ」03

↑この写真のカラーは「ダークブラウン」になります。(★カラーは「ブラック」、「ダークブラウン」、「ライトブラウン」の3種類から選べます。)

そして、出てきた染料をティッシュなどを使って筆になじませたら、あとは白髪の部分に伸ばしていくだけでOKです。サラ~っと伸びが良く、ツンとした嫌な匂いがないのがいいですね。

一度につけ過ぎると上手くいかないので、筆に染料を出しすぎないことと、染料を出したあとはティッシュなどで万遍なく筆になじませるという点に気を付けて塗ると、きれいに白髪カバーが出来ると思います。

薄く伸ばしてみて、もの足りなければ2回目をつける、といった感じで少しずつ・・・どんな白髪隠しでもそうだと思いますけど、染料のつけ過ぎには要注意ですね。

つけた後はそのままでもいいのですが、ドライヤーをあてると乾きが早いし、自然な感じに仕上がるような気がします。ワックスなどの整髪料は乾かしたあとに使っています。

最初はどの程度つければ良いのか難しいかもしれないですが、2・3回使えばコツがつかめてくると思います!

↓公式の使い方の説明動画があります(※音声あり)。わりと広範囲の髪の毛の根元にも使えます。

綺和美の白髪隠しはどこで買えるの?

綺和美の白髪隠しは、KIWABI公式サイトamazonにて取り扱い中です。どちらのサイトでも白髪カラーブラシ1本の価格は同じですが、公式サイトでは2本で5%OFFの割引価格での購入が可能です。未開封の場合の使用期限は3年ですので、まとめ買いをする場合には少しお得になっています。また、綺和美のもうひとつの白髪ケア商品「カラートリートメント」は公式サイトのみでの販売です。カラートリートメントも気になる、という方はこちらも合わせてチェックしてみてください!

>> 綺和美(KIWABI)公式サイトはこちら


>>amazonでの購入はこちら


TOP